鎌倉市 眼科 鎌倉小町通り眼科 白内障 緑内障

白内障

白内障とは

眼球は、カメラに例えると、カメラのレンズに当たる部分が角膜と水晶体、フィルムに当たる部分が網膜です。白内障になると、レンズに当たる水晶体が混濁してきます。クリアーなレンズが、すりガラスのレンズのような状態になります。ですから、白内障になると、霞んで見えたり、光が乱反射して眩しさが強くなったり、視力が低下したりします。また、水晶体の厚みが増すため、近視化し、近くの物がみやすくなったりします。
60歳代で70%、80歳以上ではほぼ100%の方に白内障の症状がみられます。
原因は、水晶体の加齢による変性がほとんどですが、場合により、糖尿病などによる続発性の白内障もあります。
治療は、基本的に手術を行います。手術を行う時期ですが、白内障の進行具合により様々ですが、ご自身が、見え方にご不自由を感じてきたときが手術の時期とお考え下さい。

白内障手術について

鎌倉小町通り眼科では、日帰り白内障手術を行っております。白内障手術は、局所麻酔でおこないます。約20分〜30分ほどで、通常は終了します。傷口は、約2〜3ミリの傷口を1つと、約1ミリの傷口を1つあけます。その小さな傷口から繊細な器具を使用し、眼球内の濁ってしまった水晶体の前の膜をくり抜き、超音波で、水晶体の中身を細かくくだいて吸い取ってしまいます。次に、中身の無くなった水晶体の袋に柔らかい素材でできた、眼内レンズを挿入します。眼内を洗浄後、傷口を閉鎖し終了となります。
術後は、一晩眼帯をしていただき、翌日再度受診していただき、診察いたします。
術後の注意点として、感染予防と抗炎症目的に3種の点眼を使用して下さい。
また、自己洗顔・洗髪は、術後1週間控えて下さい。
近年の白内障手術は非常に安全にはなっておりますが、合併症のリスクも僅かですがあります。
この合併症予防に関して、術後の点眼薬が大変重要です。必ず、3種を1日4回点眼してください。点眼薬の間隔は、5分はあけてください。
点眼方法に関しては、トップページの『正しい点眼法』を参考にして下さい。

鎌倉小町通り眼科 TOP診療のご案内 院長・スタッフ紹介院内のご案内 目の病気についてアクセス

Copyright (C) 2010 Kamakurakomachidori Eye Clinic. All rights reserved.