鎌倉市 眼科 鎌倉小町通り眼科 白内障 緑内障

緑内障

みなさま、緑内障という言葉をイメージすると、視野がどんどん欠けていずれ、失明してしまうとお考えかもしれません。緑内障にも種類が沢山あり、非常に緊急性が高く、放置するとすぐに視力を失ってしまうものもあります。ですが、最近メディアなどで取り上げられることも多い正常眼圧緑内障などは、しっかりと治療にとり組んでいただければ、視野欠損の進行を点眼治療だけで十分に抑えることも可能です。

病 状

眼球内の圧力(眼圧)が上がることにより視神経が損傷し、これにより視野狭窄をきたす病気です。または眼圧は正常であるにもかかわらず、視神経が損傷し、視野に欠損がみられる病気です。日本人の40歳以上の20人に1人の割合で患者がいると推測されています。

初期:
一部視野に欠損がおきます

中期:
視野に欠損が広がります

末期:視野に欠損がさらに
広がり一部しか見えなくなります

原 因

緑内障の定義は、「何らかの原因で視神経が損傷し、それにより視野に欠損が生じた状態」で、視神経損傷の原因は、眼圧が通常よりも上昇することにより視神経乳頭が陥没し、それにより視神経への血液の運搬が物理的に圧迫阻害され、神経細胞が死滅することによるとされています。しかし、正常な眼圧であっても視野に欠損がみられる場合があり、これは正常眼圧緑内障といいます。この場合も視神経乳頭に陥没がみられます。

病 態

緑内障とは、眼球を水風船に例えていただくとわかりやすいです。水風船は、内部に水が詰まっており、水が少ないとぺしゃんこに潰れ、逆に水を入れすぎると破裂してしまいます。眼球は、眼内の毛様帯というところから、房水という、水分が産生され、隅角という部分から眼球の外に排出されていきます。この、房水の流れのバランスと、房水により生み出される内圧である、眼圧が緑内障の病態に複雑に関係しております。バランスが不均衡になり、眼圧が上昇すると、眼球後部の視神経乳頭が、内側から外側に圧迫され、視神経繊維が傷害されその視神経繊維に相当する部分の視野が進行性に欠損していきます。眼圧の正常範囲は、10〜21mmHg(ミリメートル水銀柱)といわれております。

分 類

大きく分けると、開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障の二つに分かれます。隅角は、房水が眼球の外にに排出される出口で、開放隅角型は、出口が開いているが目詰まりしている状態で、閉塞隅角型は、出口が物理的に閉じている状態です。

1.正常眼圧緑内障(NTG)

開放隅角型に含まれ、眼圧は、10〜21mmHgで正常範囲内ですが、視神経が傷害され視野が欠けていく病気です。最近の疫学調査 上付き*では、日本人40歳以上の28人に1人にNTGが見られ、その内約80%の方が、治療を受けていないのが現状です。原因としては、NTGは、かなり進行しないと自覚症状に乏しく、実際に自分が緑内障であることに気づいてないからです。
ですから、早期発見早期治療が、大変重要な病気です。人間ドック等で、視神経乳頭陥凹を指摘された時は、要注意です!

 

2.原発開放隅角緑内障(POAG)

開放隅角型で、未治療時の眼圧が、21mmHg以上あり、視神経が傷害され進行性に視野が欠けていく病気です。

 

3.原発閉塞隅角緑内障(PACG)

隅角とは、眼球内で光量を調整する虹彩と角膜のつくる角で、閉塞隅角緑内障では、隅角が非常に狭く場合により閉じてしまい、物理的に房水が眼外に排出出来ない状態のため、眼圧が上昇し、視神経繊維が傷害され視野欠損が進行する病気です。緑内障の発作は、隅角が突然閉じてしまい、眼圧が60〜80mmHgまで上昇し、急激に神経が損傷され視野が欠損してしまいます。症状としては、強い眼痛、頭痛、吐気、眼の霞が発生します。夜間救急時に、頭痛、吐気以外に、眼症状を認めたら、念のため眼科受診もご検討ください。

 

4.続発緑内障

糖尿病や薬剤、他の眼疾患などにより眼圧上昇が引き起こされ、視野欠損が進行する病気です。

 

5.発達緑内障

先天的に、隅角の発達異常があり、眼圧が上昇し視野が欠けていく病気です。

検 査

緑内障の検査には下記のようなものがあります。すべて行うわけでなく、患者さんの病態に応じて、必要な検査を行います。

 

1.視力検査

一般的な視力検査。中心視野が欠けている方は、周辺視力を測定。

 

2.接触式眼圧計による眼圧測定

風が出てくるタイプの非接触式よりも、
眼圧測定の精度が高いです。

 

3.隅角検査

房水が排出される、隅角を特殊なレンズと、
細隙燈顕微鏡を用いて直接観察します。

 

4.散瞳し、眼底写真撮影 及び OCTによる視神経乳頭解析

コンピューターにより視神経乳頭陥凹の状態を
詳細にチェックします。
正常眼に比べて、緑内障眼は視神経乳頭の陥凹
(へこみ)が大きく、輪郭もいびつになっております。

 

5.ハンフリー視野検査

視野欠損を段階を追って提示します。
初期、中期、末期などを説明。

 

6.パキメーターによる、角膜厚測定

眼圧計で測定した眼圧値は、角膜の厚さによって
誤差が生じます。パキメーターで角膜の厚さを
ミクロン単位で測定し、眼圧値の誤差を修正する
ことで、より精度の高い眼圧値がわかります。

治 療

1.点眼治療

第一選択として点眼治療を行いますが、治療開始前に、未治療時眼圧を測定します。現在使用中の点眼液がある場合、眼圧の視野の状態を測定し、可能であれば、全て休薬し2〜3回眼圧を測定し、ベースラインを決定します。ベースラインとは、未治療時の眼圧のことです。その後、キサラタンなどのプロスタグランジン製剤を第一選択薬として用い、点眼治療開始。その後、必要に応じて徐々に種類を増やします。今年は、数種類の合剤も発売になり、どの点眼を用いるかは、患者さんの病態と生活スタイルに応じて選択します。

 

2.レーザー治療

レーザー虹彩切開術(LI)

閉塞隅角緑内障の方に対し、緑内障発作予防目的で行います。閉塞隅角の場合、白内障が進行してるならば、白内障手術を行います。それほど、進行してないならば、虹彩の端に小さな孔をレーザー光線で開けることにより、発作を予防することができます。レーザー治療は、10分ほどで終了し、直接メスで切開しませんので、術後の洗眼洗髪等に制約はありません。

 

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)

開放隅角緑内障の方に対して行います、従来は点眼治療の次の段階では、メスを使った手術が選択されておりましたが、最近新しいレーザー治療が考え出されました。隅角を眼内から房水が出て行くフィルターと考えていただくと、緑内障眼では、そのふるいが目詰まりしてます。隅角に、レーザー光線を照射することにより、ふるいを振動させて詰まっている物質を吹き飛ばし、その結果、眼圧を下げる効果があります。このレーザー治療も、外来で10分ほどで終了し、強い痛みも生じません。

 

3.外科手術

点眼治療、レーザー治療で眼圧コントロールが着かず、視野欠損の進行が止まらない場合、外科手術を選択いたします。当院では、行っておりませんが、東京警察病院など、緑内障専門の施設にご紹介いたします。
線維柱帯切除術・濾過手術(トラベクレクトミ−)以前も例えましたが、眼球を水風船に例えて考えてみます。緑内障は、水風船が破裂しかかっている状態ですので、針で突いて孔を開けてしまえば、眼圧は下がりますが、ぺしゃっんこにつぶれてしまいます。ですので、孔を開けた後に、ふたを取り付けます。そのふたを手術後、ふたを縫い付けた糸をレーザーで少しずつ切ることによって、眼圧を調整いたします。詳しくは、手術をうける施設の担当医にご質問下さい。外科手術後の経過観察に関しては、当院にて経過観察が可能です。

 

 

鎌倉小町通り眼科 TOP診療のご案内 院長・スタッフ紹介院内のご案内 目の病気についてアクセス

Copyright (C) 2010 Kamakurakomachidori Eye Clinic. All rights reserved.